これは饅頭(マンドゥー)好きの仲間たちが野球等を通して、飛躍するお話。(TEAM小関野球倶楽部公式ブログ)


by banri31gogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
いよいよ、天皇賞(秋)ですね~
このレースはカメラ買ってから、毎年行っている恒例行事なので、今年も行きます!
ただし、2011年は法事、2012年は天気が悪いので行かなかったが・・・
特に後者に至っては、テレビで観ると競馬場では雨降ってないし、天覧競馬だし、さらにエイシンフラッシュが勝つし、何で行かなかったのか後悔極まりない心情だった。

さて、今年の天皇賞はメイショウサムソン(2007年天皇賞馬)が来場し、ウオッカ(2008年天皇賞馬)を看板等で全面にアピールしている様子。そして、当日は、ウオッカの娘のデビュー戦まで行われる予定。
ちなみに、2008年天皇賞でウオッカのハナ差2㎝で負けたダイワスカーレットの娘は天皇賞前日にデビューするという天皇賞(秋)にゆかりのあること盛りだくさん!!

6年前の天皇賞(秋)が以下の写真
奥:ウオッカ(武豊) 真ん中:ディープスカイ(四位洋文) 手前:ダイワスカーレット(安藤勝己)
f0024097_20334180.jpg


1分57分台のレコード、20分くらいの写真判定でハナ差でウオッカの勝利!勝利ジョッキーの武豊が東京競馬場の観衆に対して、万歳を煽り、みんなで万歳三唱したのはいい思い出。この日も11月2日だったな。このレースに関しては、観に行ったことを自慢できるレースと断言できるくらい興奮したなあ~
今年もそういうレースにめぐり合うことを祈り、今年初の馬券購入が当たるよう祈りつつ・・・

私の予想
ジェンティルドンナが本命 宝塚惨敗とはいえ、左回りで府中巧者の絶好の最内枠なので
イスラボニータが対抗   3歳優勝馬はバブルガムフェロー、シンボリクリスエスのみ。これも府中巧者
あとは、フェノーメノ、デニムアンドルビー、スピルバーグ、ラブイズブーシェあたりを押さえたいね。
そして、注目はペルーサ!
2010年クラシック最強世代の筆頭と言われたペルーサも早7歳。同期のヴィクトワールピサ、ルーラーシップ、エイシンフラッシュが引退している中、ネタ馬へ成り下がった彼には一矢報いてほしいものだ。勝ったら号泣モノですわ。単勝は買っておくとしよう。
[PR]
# by banri31gogo | 2014-10-30 23:00 | ギャンブル
ぼくは今の仕事を退職したら競馬場で働きたい。
というか、今の職場から抜け出したい。
もう、休みも取れずに働かされ、ワーワー言われ、ウンザリだ。
愚痴っても誰も聞いてくれる人もいないのでこの辺で。
ぼくのあこがれの職業は、競馬場で働くミドリのおじさんたちだ。
いったいどうやって、その職に就けるのか、月収等は謎だけど、とりあえず、以下のような仕事に強く憧れているんだ。
ちなみに、競馬場のバイトって、ボーナスがあるらしいですぞ!なので、中々、空きが出なくて激戦職種らしい。なので、ミドリのおじさんの仕事に就くのも狭き門なのだろうか?

f0024097_12404638.jpg
スタンドへ掃除に行くおばちゃん

f0024097_12432227.jpg

ゲートを運ぶ車とおじさんたち

f0024097_12474082.jpg

ゲートを運ぶ車を誘導するおじさん

f0024097_12553782.jpg
レース前に馬場を慣らすおじさん、おばさん
f0024097_12571037.jpg
たぶん、競馬場でいちばん華やかな職だろう。本馬場入場の際の誘導馬に騎乗する人
他の馬場で働く人たちと違って、緑の服着てないし。


この他にもスタンドにて、お土産の売店、飲食店、警備員、案内人といった様々な人が競馬場で働いているが、ぼくは、やはり馬場内で活躍するミドリのおじさんに憧れているのであった。
きっと、武蔵野のミドリの中で、純朴な馬を見ると心も落ち着くんじゃないか、と思うわけです。
[PR]
# by banri31gogo | 2014-10-26 16:30 | 仕事

カビだった

ニコンへ持って行ったらAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDのレンズはカビだった・・・AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gは幸い無事だったが。
ドライボックスに入れてたんだけどなあ。
ただ、乾燥剤の交換時に交換した乾燥剤の期間が過ぎていたことがあったのと、引っ越した家の湿気が今年の梅雨はとんでもなかったのが原因だったのかなあ?

あと、新宿ニコンサービスセンターに初めて行ったが新宿エルタワーの28階ということで眺めがいいですね。ニコンの双眼鏡が試供できるので、新宿の街をガン見してやりました。エルタワーのエレベータが爆速で驚いた。同じ新宿の高層ビルの都庁舎のセンスナッシング内装かつチンタラ速度とは、雲泥の差だ。

いずれにしても費用も馬鹿にならずショックです・・・
ただでさえ、今月はツイていない。おそらく、人生で最もツイていない月である最有力候補であることは間違いない。

今月はあと1週間あるが、残り1週間でさらに追い討ちをかける出来事があったら、ぼくは中央線ダイブを決行することになるだろう。
[PR]
# by banri31gogo | 2014-10-25 17:52 | 愚考

レンズの中の違和感

カメラのレンズにゴミが入ったようだ。
あと、単焦点レンズにもキズかゴミかカビかよくわからないものが見える。ズームレンズにはゴミが入ることはあるが、単焦点はそんなにないと聞いている。なので、カビだったらオーマイゴッドだ。
不安を感じているレンズは以下の2本だ。

 AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
  なんか変なキズのようなものが。カビではないことを祈る・・・

 AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
  カメラを始めた頃から多用しているズームレンズなので、ゴミも入っていることだろう。

とりあえず、ニコンサービスセンターへ持ち込んで見てもらうおう。サービスセンターが近くにあるなんて素晴らしい!安く済みますように。
[PR]
# by banri31gogo | 2014-10-24 00:00 | 愚考

今年の写真4選

デジタル一眼レフを初めて、6,7年・・・
レンズ沼に陥って2,3年・・・
銀塩に手を出そうかと考えて1,2ヵ月・・・
現像用PC自作の検討中・・・

そもそものきっかけは、社会人になって出無精を解消するために始めたものだ。しかし、結局は、現像やらなんやらで家の中でPCをいじっていることが多くなっているため、結局は6,7年経った今も出無精なのだ。というか、完全に絶賛、引き籠り中だ。

重いし、嵩張る、カメラ構えると道行く人に嫌な顔をされそうな被害妄想を抱きつつ・・・
その画質は、スマホやコンデジには追随を許さないほどの高さを誇る
その一瞬を切り取り、自己満足する、それが一眼レフ
動画と違って全てを語らないトコに写真の魅力がそこにはある

・・・ようなが気がする。

先日、念願のフルサイズ機を買ってしまった。D750を買った。D80で一眼レフデビューを果たし、競馬や野球を撮るのに連射不足としてD300sを購入、そして、D300sの高感度画質に不満を持ち、ついにフルサイズ機デビューとなったわけだ。
APS-Cの利点もあるので、場面場面での活躍の場があるだろう。

今年のお気に入り写真5選
上から文京区根津2枚、レース終了後の東京競馬場2枚、もう一枚は神宮球場の売り子(でも、肖像権侵害にあたりそうなので掲載しません)
f0024097_11231053.jpg

f0024097_1124451.jpg

f0024097_11284113.jpg
f0024097_11291854.jpg


【今後の写真撮影の予定】
来週は、大手町
再来週は、JRA天皇賞(秋) その翌日の入間航空祭に行けたらいいなあ。
どこかおすすめの撮影スポットがあったら教えてほしい。
そして、誰か付き合ってくれる人大募集!
特に、天皇賞(秋)とかは開門ダッシュでいいポジション取っても荷物番がいないとトイレすらママならない。
過去のもの、他人の写真を含めて、競馬G1の写真を見るときは、そういった根性も汲み取って見てほしい。
[PR]
# by banri31gogo | 2014-10-19 11:44 | 写真活動

移住

お久しぶりです。
僕、6年間、住んでいた地を離れ、GW中に引っ越しました。
引越前は作業で前日に梱包が終わらず、全身へ絶望感に襲われてましたが、今度の家は広くて快適です。その広さは前のなんと2倍弱!
ただし、2倍弱と豪語しているが、今までがクソ狭い部屋だったので人並みなっただけだ。

中でも広いお風呂がお気に入りです。

快適なのはいいが、場所は陸の孤島。職場でも孤立し、ますます外部との接触が遮断され、ますます世俗と交わりが無くなり、蚊帳の外へと追いやられる感は否めない。また、以下で話すように家族にまで絶縁状態となっている。部屋でポツネンとしていると時々、孤独を感じる。その孤独を惑わすために通販で浪費しまくる姿は、もはや末期症状なのかもしれない・・・

話変わって、今年末は、ハワイに行きます!
妹が結婚するそうで、式をハワイで挙げるらしい。
その事実を知ったのはつい新居に親が来た今月・・・半年前から話があったそうな。
妹からも親からも伝えられない僕の存在って・・・
家族にも見放されているんだなぁー。
[PR]
# by banri31gogo | 2014-05-19 21:35 | 文化活動

愛車の復活と愛犬の死

自転車が奇跡の復活を遂げた。
年初からギアの調子が悪かったので放置してたが、昨日直してもらった。
今まで自転車生活を謳歌してたものなので、これがないと行動範囲が狭まっていた。忙しく、自分で直す暇も自転車屋へ持って行く暇もなかった。なんなら新しい自転車買おうかな、とも思ったほどだった。
で、昨日、見てもらったら、すこぶる快調になった。調子に乗って日が昇る前に出発し、東京駅まで行って、途中、新宿で東京マラソンのせいで封鎖されるという、いい迷惑を被ったが、池袋、板橋経由で帰宅するという久々に足をのばした感じでした。にしても、東京の街をもっと自転車に優しいつくりにしてほしいものだ。


自転車は快調になったが、悲しい知らせが一つあり。
唯一無二の親友であった実家の愛犬死すの報だ。
一昨年くらいから白血病やらいろんな病気にかかるも元気そうだった。そして、去年の春あたりから目も見えない、自力で立てず、歩けない等々、もはや時間かの問題かと思っていた。正月に帰ったときもグッタリしてたし。
実家に帰って、会うことももうできないと思うと本当に悲しい・・・
もっと、写真を撮ってやればよかったな・・・
[PR]
# by banri31gogo | 2014-02-23 23:38 | 愚考

ガチで根暗な仕事始め

仕事始め

みんな何故、初日からあんなに明るい笑顔を振りまくことができるのだろうか?
僕には天上天下ひっくり返ってでも、絶対にできない。

そして、実家等への帰省、旅行等によるお土産まで皆に配布している。
僕も実家の入間に帰ったがなーんも持参してない。というか、そもそも全身からはちきれんばかりのブルーな気持ちを抑えるのに精いっぱい、お土産をばらまいているどころではない。

やはり、元からのスペックが違うのでは?と感じられずにはいられない。
性格はそうそう直るものではない、と感じた。
[PR]
# by banri31gogo | 2014-01-06 22:20 | 仕事
もう明日から仕事だ。嫌だ、行きたくない、寒いし、冬眠したい。
根暗な自分はそう思うのだ。まあ、根アカの人だって、明日から24日まで休みなしとわかっていればそういう気持ちもわずかばかりでも起こるだろう?根アカだとそういうふうに思わないのかな?
だが、自分はマジで嫌だ、明日なんか来なければいいのに…

新年早々、こういう鬱な気持ちに追われているので、このままでは今年もまた鬱な年となると思い、それを改善すべく、僕は行動を起こした。
それは、居住の移転だ。

居が変わればきっと、性格も変わると思うんだ。今の狭苦しい居住環境での生活が僕の心を闇に染めているような気がする。
ちょうど、今年が更新時期になるので、出ていくにはいい時期だろう。
ということを昨夜、寝る前に思った。一年の計は元旦にあり、といったところか?

ということで、朝っぱらから不動産屋へ行ってきた。
同い年くらいのチャンネーからいろいろな物件を紹介されて、物件巡りをした。その結果、1日拘束された甲斐もあり、一応、物件決めてきた。
今までは、要望については、財布がひもじいため、妥協することばかり考えていたが、今回は、性格を変えるという自分にとっての転換期のため、金に糸目を全くつけずに即断してきた。いつ死にかわからない人生、先々のことを考えてもしようがない。

  死のうは一定 忍び草 忍び草には何をしよぞ 一定 語り起こすよの

一年の計は元旦にあり、どころか、完全にノープランだ。
まあ、いいや。自己投資だと思えば安いもんだ。

だが、住めば都でなかなかいい街だったので、名残惜しいのは事実。引っ越し後は、行きつけの銭湯のサウナの中で悶絶することもなく、行きつけのバッティングセンターでホームラン賞もGETできなくなると思うと悲しいぜ…
貧乏性の僕は、近所のスーパーのポイントをこの町に住んでこのかた6年、7000円分以上のポイントを未だ保有している。
最後はこれを使って、この町に精一杯の別れを告げたいと思う。

よし、年末、大掃除したけど、身辺整理を始めるかあ。


[PR]
# by banri31gogo | 2014-01-05 23:15 | 愚考
みなさん、明けましておめでとうございます。

中央大学の箱根駅伝で凹み、数年前の安定・安心のシード権確保の「公務員走り」が全く発動せず…
これが予選会12位の実力といったところか。
今年も最悪のスタートです。

さて、毎年、漠然と目標をたてている私は、今年は「ガチで根暗な性格を直す」にしたいと思う。

ちなみに去年は「健康に留意する」だった。
去年はとんでもない部署に配属され、夏休みも有休も1時間しか取れなかった。まさにこのことを身をもって感じ、この様を年始に予期していたかのような目標であった。さらに仕事始めの6日から25日まで休みなしときている。まじでブラックだ、腐ってる…

今年の目標の根暗な性格を直すにはどうすればいいか、誰か教えてくれ!
実践したいと思う。
何故、そういう風に思ったかは去年の1年の中で、何度も「孤独死」というものが頭にちらつくような出来事が連発したからだ。自身、道端で倒れていたこともあった。
この根暗な性格を直さねば、有馬記念のオルフェーヴルのごとく孤独死へ突き抜けることになるだろう。そう感じたんだ。
[PR]
# by banri31gogo | 2014-01-04 22:37 | はじめに
12月22日(日)、第58回有馬記念に行ってきた。
そう、史上7頭目の3冠馬、2年連続凱旋門賞2着のオルフェーヴル号のラストラン。
はたして、どのようなパフォーマンスで引退するのかが注目されていた。
また、同じ母の父メジロマックーイン、父ステイゴールドを持つ昨年の覇者ゴールドシップとの最初にして最後の対戦にも注目が集まっていた。

当日は、12万5千人を超える人がこの有馬記念を観戦しに集まる。

さて、レースの方は、オルフェーヴルはゴールドシップの後ろで後方3、4番手あたりで競馬する。ペースはスローにはならず、平均的なペースで流れていく。3コーナーに入るまで全く動かないので、心配になったが、3コーナー過ぎから鞍上の池添が仕掛ける。一気にゴールドシップを外から交わし、4コーナー出て直線に向かうところで完全に先頭に立つ。ここから一気に突き放し圧巻の8馬身差での圧勝!
現役最強馬を証明するこの走りに我々は度肝を抜かれた。

2着は、ダービー、神戸新聞杯、菊花賞と常にオルフェーヴルの後塵に帰し、常に2着に甘んじたウィンバリアシオンが屈腱炎から今回復活するもまたしてもオルフェーヴルの2着。結局、オルフェーヴルに勝てることがなかった…
3着は2冠馬かつ昨年の有馬記念覇者のゴールドシップだった。

f0024097_20294334.jpg

オルフェコールと池添コールが鳴り響く中山競馬場では、このレースでオルフェーヴルと池添騎手が名コンビであることを誰もが実感したに違いない。
フランス遠征で騎手を池添騎手からスミヨンへ交代されるのを反対していた僕としては、池添騎手だったら凱旋門賞制覇できたのでは?と思ってしまうほど、オルフェーヴルには池添が合っていたと思う。そもそも、池添騎手は昔から平場の成績はよくなくても大舞台にはものすごく強いジョッキーだ。ロンシャンの騎乗経験がなくとも、強心臓でやってくれたような気がする。
f0024097_21085220.jpg
これでオルフェーヴルは引退し、種牡馬入りする。すでの種付料は600万円と言われているが、このレースでさらにその価値は高まるかもしれない。
デビュー戦と三冠最後の菊花賞での騎手の振り落とす気性、3冠かつ3歳での有馬記念制覇という強さ、阪神大賞典での大逸走からの2着、天皇賞(春)の凡走の中で生まれた11着同着のどうでもいい奇跡、凱旋門賞での末脚爆発に勝利を確信したと思いきやの斜行して2着、ジャパンカップでのジェンティルドンナのタックルに泣かされた2着。
勝ったレースよりも2着の方が印象に残るという馬も珍しい。そこが彼の魅力の一つだったのだと思う。
圧倒的な強さに内包される狂気を秘めたその気性が意外性のあるパフォーマンスを魅せてくれたオルフェーヴル。この馬のことを僕は決して忘れないだろう。
このオルフェーヴルこそ僕の中での最強馬だと思っている。
なんたって、その魅力に取りつかれてフランスまで行ったもん。


レース終了後の17時からはオルフェーヴルの引退式。
引退式には寒い中、6万人が残っていたという。この人数はディープインパクトのときよりも多いそうだ。
馬装を取り付けようとするも、それを嫌がったり、関係者の記念撮影に参加するも嫌がったりと最後の最後まで気性のわがままっぷりは健在であった。
f0024097_20282469.jpg
f0024097_20283021.jpg
最後に、3年半の競走馬生活ご苦労様でした。
僕は、3歳有馬記念の勝利後の強さに惹かれてファンになったので、2年間、充分に楽しませてもらいました。
昨年はフランスにも行ったし、今年の宝塚記念にもオルフェーヴルが出走するということで阪神競馬場にまで遠征に行った。直前で肺出血で回避して出走しなかったが…

もうこれで、オルフェーヴルが出走するレース1週間前くらいからソワソワし、レース後の興奮を暑苦しく競馬知らない人をも巻き込んで語ることがもうできないと思うと本当に寂しい…しばらく足が地に付かず、ボーっと生きてると思う。それくらい悲しい…
とにかくいい仔をたくさん出して、自身を超える馬をどんどん輩出してほしい!
2017年には産駒がデビューする。その時を待ちわびながら生きていきたい。ちなみにエイシンフラッシュの仔も応援するぞ!ひょっとしたらその前に北海道に行って会いに行くかもしれない。

f0024097_20283305.jpg
長くなったが、僕がここ2年でどれだけオルフェーヴルと競馬に取り付かれていたかわかっていただけたと思う。ご容赦を…
さて、本当の最後に中山競馬場名物のクリスマスツリーを持って、今日はここで筆を置きたいと思う。
このクリスマスツリー、天然木では20メートルを超え、日本国内では最大級のクリスマスツリーである。
なぜ、日本国内最大級のクリスマスツリーが競馬場の中にあるのかは謎だが、ギャンブルの巣窟ではなく、競馬場にはこういう絶景ポイントがたくさんあるのである。明日のイヴまでイルミネーションをやっているので、みたい人は見るべし!圧倒的な大きさに加え、本当にきれいです。一目の価値ありです。
[PR]
# by banri31gogo | 2013-12-23 21:43 | ギャンブル

フラッシュ、お前もか!

第58回有馬記念・G1(22日、中山・芝2500メートル)に出走を予定していたエイシンフラッシュ(牡6歳、栗東・藤原英厩舎)は、19日朝、歩様に乱れが生じたため同レースを回避。このまま、競走馬生活に終止符を打つことになった。

なんだとっ!
エイシンフラッシュ、お前も有馬記念回避なのか…楽しみにしてたのに!
ケガであれば仕方ないけど。
やはり、最後の最後まで私たちを騙してくれましたなあ。
調教詐欺、馬体詐欺、人気詐欺、展開詐欺等に加え、最後に出走詐欺の罪が追加されましたな。

あと、23日の引退式も中止して、そのまま社台スタリオンでの種牡馬入りが確定。当日は関係者のメモリアルトークショーへと切り替わり、あの究極美の馬体の最後を拝めない我々を凹ます。
しかし、引退式中止を撤回して、やはり引退式を執り行うそうだ。
どんだけ、人を振り回せば気が済むのだ、この馬は。
でも、そんなところが我々に愛される所以。
とにかく、お疲れ様でした。
ダービー馬が6歳まで大きな故障もなくコンスタントに走るのは珍しいので、本当にお疲れさまでした。我々を騙しつつ、一喜一憂を与えてくれてありがとう!
いい仔をたくさん輩出してくれることを期待してる。

3年後、エイシンフラッシュ産駒に大いに騙されようではないか!

もう、有馬記念は完全にオルフェーヴルの独壇場ですな。あとは、ゴールドシップの復活なるか、といったところか。
[PR]
# by banri31gogo | 2013-12-20 19:54 | ギャンブル

キズナ、有馬記念回避

キズナ、有馬記念回避の報が僕の脳内を駆け巡る!
一気につまらなくなった様相を醸し出している、有馬記念。
これで、この1年で秋GⅠ勝った馬だけでなく、クラシックの勝ち馬もいない有馬記念じゃん!
もう、完全にオルフェーヴルの独壇場じゃん!
ちなみに、オルフェーヴルの引退式は当日執り行うそうです。

このような出来事が、最近の競馬の落ち目の一つといえよう。馬場が合わない、距離が向かない、調子が上がらないとケチをつけて回避する虚弱馬が続出には勘弁だ。なんのためのファン投票なんだか。だけど、オルフェーヴルとエイシンフラッシュの写真を撮りたい自分の身としては、中山競馬場来場者が減るだろうから、いいんだか、よくないんだか、腑に落ちない感情を抱いている。
そんな中、エイシンフラッシュは、6歳にして、毎日王冠、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念という古馬3冠路線王道を突き進んでいるのは立派である。

さて、海の向こうの香港ではロードカナロアが香港スプリント連覇したらしいです。香港のスプリント戦線は超ハイレベルなので、この2年連続優勝は本当に凄いことで、凱旋門賞を勝つくらい香港スプリントを勝つのはすごいって、誰かが言ってた。なので、連覇ということは偉業とうことですな。
エイシンフラッシュも香港に招待されており、自分もエイシンフラッシュと一緒に香港入りの準備をしていましたが、エイシンフラッシュが国内宣言をしたため、香港には行きませんでした。
ロードカナロアの最後の走りは観たかったなあ。完全にサクラバクシンオーを超えたスプリント王。以下の写真は安田記念の写真。スプリントだけでなくマイルも勝つんだから凄い馬ですよね!
f0024097_22463942.jpg
今年の安田記念のゴール直後のロードカナロア号



香港カップは、完全にジャパンカップを喰ってしまったね。海外の有力馬は日本の検疫の厳しさと超高速馬場のケガのリスクにより、ジャパンカップを回避して、香港へ参戦している。
JRAもそろそろジャパンカップの存在意義と開催方法について真剣に考えるときが来たのではないだろうか。
[PR]
# by banri31gogo | 2013-12-08 22:55 | ギャンブル
JRAは5日、第58回有馬記念(22日、中山、GI、芝2500メートル)のファン投票最終結果を発表した。有効投票総数は106万4233票。8日に行われる特別登録で、ファン投票の上位10頭が優先的に出走できる。
 上位陣は下記の通りで、1位は昨年(不出走)に続いてオルフェーヴル。一昨年はブエナビスタに次ぐファン投票2位で、3年続けてファンからの後押しを得てラストランに臨む。

(1)オルフェーヴル  (栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳) 8万1198票
(2)キズナ      (栗東・佐々木晶三厩舎、牡3歳)7万8803票
(3)ゴールドシップ  (栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳) 6万5044票
(4)ジェンティルドンナ(栗東・石坂正厩舎、牝4歳)  5万5534票
(5)エイシンフラッシュ(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳) 5万2639票


有馬記念のファン投票が確定しましたね。僕も景品目当てで投票しました。
オルフェーヴルがやはり1位ですか。そして、差がなくキズナかぁ。
三冠馬、凱旋門賞2年連続2着のオルフェーヴルに肉迫するキズナの人気に疑問です…やはり武豊人気なのか?

さて、もともと競馬は昔から観ていますが、わざわざ有馬記念を現地で観に行きたいと思ったのは、やはりオルフェーヴルの登場からだ。自分の入社時に配属場所が一緒だった同期と一緒に観に行くのが、年末の恒例行事となりつつあり、今年も行く約束をしている。たぶん、その日の夜飯は今年も牛角だろう。

一昨年の2011年有馬記念は、出走馬の全馬が重賞勝ち、9頭のGⅠ馬の中に、三冠馬オルフェーヴル、女王ブエナビスタ、ドバイワールドカップ覇者ヴィクトワールピサといった錚々たるメンバーに大興奮したものだ。その日はクリスマス、オルフェーヴルが優勝して、表彰式のときに雪が舞ったのはいい演出だった。あとプレゼンターの片瀬那奈が美しかった。



対して、去年の2012年有馬記念は、オルフェーヴル等が回避したため、『冬の日経賞』と揶揄されるくらいの情けないメンバーだった。しかし、当日にエイシンフラッシュ鞍上のデムーロから三浦への乗り替わり、ルーラーシップの超出遅れからの逆襲等の見どころは満載であった。




出走予定メンバーは、天皇賞(秋)、ジャパンカップを制覇した馬が回避という残念な結果で一昨年と比べると見劣りしますが、以下のように楽しみな部分もあります。
 ・父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンいわゆるステマ配合のオルフェーヴル VS ゴールドシップの最初で最後の顔合わせ 
 ・エイシンフラッシュ、オルフェーヴル、キズナといった3世代のダービー馬の顔合わせ
 ・オルフェーヴル、エイシンフラッシュのラストラン
さてさて、今年はどんなレースを見せてくれるのか楽しみだ。


[PR]
# by banri31gogo | 2013-12-05 22:05 | ギャンブル

平成弐拾五年 師走

今年もあと1か月。
また無駄な1年を過ごしてしまった。

鼻水が最近止まらない。その流れ落ちる量は、華厳の滝もビックリの鼻水の量だ。
鼻のかみすぎでヒリヒリ痛い。
さらに鼻詰まりも酷い。よって、夜も眠れない。
夜寝れないせいで、日中に睡魔が襲い、職場でもポンコツ状態・・・

無為無策に生き続ける意味なんて、あるのだろうか?
明るい未来なんてない。
もう、どうでもよくなってきた。
今年は特にそれが顕著に感じる。
[PR]
# by banri31gogo | 2013-12-01 22:26 | 愚考
瞬発力を武器に10年日本ダービー、12年天皇賞・秋を制したエイシンフラッシュ(牡6歳、栗東・藤原英)が、有馬記念(12月22日・中山)を最後に現役を引退することが28日、明らかになった。藤原英昭調教師が「有馬記念がラストランになる」と説明した。引き続きミルコ・デムーロ騎手が手綱を取る。
なお、レース翌日となる23日に中山競馬場で引退式を行う。その後は種牡馬に転身する予定だ。

ついに来てしまったか!やはり、有馬記念で引退か…
寂しいが仕方ない。最後も全力で騙されに行ってくる!
でも、引退式が翌有馬記念日なのね。しかも関西馬なのに、中山競馬場で引退式してくれるなんてgood job!
モチのロンで、引退式にも行ってくる!来年の午年の年賀状はエイシンフラッシュで決まり!!
オルフェーヴルの方は、有馬記念当日、引退式するのかね?

もちろん現地観戦予定です。最後のオルフェーヴルの暴走と最後のエイシンフラッシュの究極美に期待です!


【昨年の有馬記念のエイシンフラッシュ】
レース当日、中山競馬場に着いたら、騎手変更になってた。デムーロから三浦皇成に。尿管結石になったらしく当日の騎手変更だった。
前日オッズが6.5倍くらいだったのに、レース直前には10倍を超え、人気を落としまくっていたのが印象的。
このときの『エイシンフラッシュに騙される会』の会員たちの阿鼻叫喚はきっと忘れない。
そして、彼ならまた奇跡のだまし討ちをしてくれることも皆、期待しているだろう!がんばれ、フラッシュ。

[PR]
# by banri31gogo | 2013-11-28 23:12 | ギャンブル
有馬記念にてゴールドシップの鞍上が、内田博幸騎手からムーア騎手と乗り替わりが決定したようだ。
f0024097_010230.jpg

長年、競馬を見ているが、昨今の騎手の乗り替わりが激しすぎる。
また、無駄な外人ジョッキーへの信頼感は何なのか、とさえ思う。

ゴールドシップは、皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念といったGⅠを制した馬。その上には内田騎手がいたわけで、ジャパンカップを15着で惨敗したとはいえ、彼の貢献をたった1戦で蔑ろにする馬主、調教師の残酷さがうかがえる。
ゴールドシップは競馬に対する気持ちのムラが激しく、スタートは遅れる、ゲート出てもダッシュはつかないといった悪癖を有するとともに、天皇賞(春)及び京都大賞典で高速馬場の対応ができないことが明らかになっており、今回のジャパンカップでも府中の高速馬場に対応できないことは明白であった。これは、レース選択する馬主、調教師にも責任があるわけで、全てを騎手のせいにするのは如何なものであろうか?


今回、ジャパンカップを勝ったジェンティルドンナも然り。ジャパンカップで岩田騎手からムーアでの乗り替わりでの勝利だった。
今年、ジェンティルドンナは未勝利で、海外、休み明けでGⅠに参戦していた。その条件だけでもハンデを背負っているものなのに、勝てなければ責任を騎手のせいにして騎手変更にする調教師の品位の無さを感じる。

勝負の世界ゆえに、勝ちにいくための手段なのは理解できるが、クビの仕方が露骨過ぎて、昨今の競馬には人と馬の泥臭さ、信頼関係といったような面白味を感じることがなくなってきている。
「この馬にはこの騎手」というのも競馬のドラマ性を膨らませる要因でもあるはずなのに…また、GⅠに参加する騎手のメンバーもいつものお馴染みのメンバーで、若手騎手が出てくることはほとんどない。若手が育つような環境でないといえる。これでは、ファンも離れていく要因になりかねない。未だに武豊に頼るJRA。
しかも、外人騎手が勝っても今回のジェンティルドンナの勝利のように全然盛り上がらないことに競馬関係者は知るべきだ(一部外人騎手を除く)。
ファンあっての馬券であり、その馬券で生きているのは競馬関係者なんですから。


そんな乗り替わりの激しい中で、長年、低迷していた武幸四郎騎手がメイショウマンボでオークス、秋華賞、エリザベス女王杯に勝った。桜花賞では惨敗し、乗り替わりという話があったみたいだが、オーナーが武騎手を乗せ続けた。オークスを勝った武騎手は、人目をはばからず泣いたシーンが今年一番の名シーンといえる。
そう思うと、当時若手だった和田騎手が全て手綱をとったテイエムオペラオー。2000年、1年間負けなしの古馬GⅠ全てに勝利した偉大さを感じる昨今…なんで人気が出なかったんだろう??                                                  
[PR]
# by banri31gogo | 2013-11-27 22:52 | ギャンブル
はや、1年以上更新してなかったこのブログ。
最初の頃の若かりし頃の情熱はどこへ行ってしまったのだろうか…

もはや、こんな僕の拙い文章を読む方も消え去ったことだろう。
僕自身、大した生活をしていないため、記事を書くのを投げ出したという具合でもある。
そろそろ廃止しようと思っているが、今年だけは存続させたいと思ふ。


さて、今回、更新した理由は、エイシンフラッシュ号のカッコよさを示したいと思ったからだ。そして、しっかりとカメラにおさめたので、更新することにした。

エイシンフラッシュ号とは、最強世代と云われる2010年の日本ダービー馬。ダービー後は、なかなか勝てず、年下の狂気を秘めた三冠馬に圧倒されたりと、勝ちに勝ちきれない善戦マン、というレッテルを貼られてしまう・・・
そんな彼の特徴は、馬体がとてつもなく素晴らしいこと。黒鹿毛の馬体から後光が差すがごとく反射される光は、観る者を狂喜させる。この狂喜から思わず、単勝馬券を購入させてしまうほど芸術的かつ魅力的なサラブレッドがエイシンフラッシュ号なのだ。
奇しくも昨年の天皇賞(秋)の天覧競馬にて、M.デムーロ騎手の天皇皇后両陛下に対する敬礼のシーンは日本競馬史上に残るであろう。あの名シーンは、優勝したエイシンフラッシュの馬体があればこその感動であった。

また、身なりだけでなく、レース前の追い切り調教もよく走るため、これもまた彼の馬券を買いたくなる要因の一つなのだ。よって、某巨大掲示板においては、『エイシンフラッシュに騙される会』のスレッドが立ち、日夜、エイシンフラッシュを崇めているところだ。
もちろん、僕も騙されている会員の一人だ。

さて、そのエイシンフラッシュは6歳であるため、今年いっぱいで引退だろう。彼の最後の雄姿を拝むため、ジャパンカップへ行ってきた(今回の疲労によっては有馬記念でないかもしれないので)。
ちなみに今回のジャパンカップのメンバーはショボイ…昨年、一昨年のメンバーとは雲泥の差である。
今回の目玉は、昨年の覇者ジェンティルドンナがジャパンカップ史上初の連覇ができるかどうかである。
僕としては、昨年のオルフェーヴルに体当たりしまっくて、オルフェーヴルがバランスを崩して勝った勝利を認めていないので、今回勝っても連覇を認めることはない。
よって、エイシンフラッシュが如何に立ち回るかだけが今レースの注目であった。
f0024097_21261226.jpg

f0024097_21264148.jpg

やはり、カッコいいぜ!惚れ惚れするなあ、エイシンフラッシュは。
ちなみに、天皇賞(秋)の後、ジャパンカップ参戦を中々、表明しなかったので、香港Cに参戦するのかと思った。そして、僕は香港行きのチケットを手配するところであっため、危うくエイシンフラッシュに騙されるところであった!

さて、結果は以下の馬が優勝しました。内容知りたい人はyoutubeでもみてくれ。
f0024097_21365399.jpg

2009年から5年連続で牝馬が1着入線・・・
(2010年のブエナビスタは失格になったけど)
競馬の世界も人間の世界でも女性の強さが顕著になったことを身にしみて感じ、晩秋の冷たい風を肌に感じ、エイシンフラッシュを当然大本命にしている僕はまた騙されたことによって、懐さえも寂しくなったところで、府中を去る僕であった…


さて、有馬記念の方は、僕が愛してやまない暴君オルフェーヴルのラストラン!
そして、エイシンフラッシュは有馬に出走するのか!?そして自分は懲りずに騙されるのか!?
今からウキウキ感・ワクワク感が半端ないので、その様子を適度に更新するかもしれません。
[PR]
# by banri31gogo | 2013-11-24 21:47 | 写真活動
世界で最も美しい競馬場といわれるロンシャン競馬場。
10月7日(日)、僕は日本のオルフェーヴルが参戦ということで、この日は昨年から大ファンとなった当馬を応援しにブローニュの森へと訪れた。
金色の暴君と呼ばれる当馬は、ご存知史上7頭目の三冠馬であり、唯一の父内国産の三冠馬である。すなわち、全兄にドリームジャーニー、父にステイゴールド、母父にメジロマックイーン、大叔父にサッカーボーイと日本で培われた血統が欧州でしか勝ち馬を出していない凱旋門賞に挑むわけだ。
f0024097_20491897.jpg
日本人も多く観戦にきており、日本人専用の馬券売り場まで設置してありました。そして、おぎやはぎ優木まおみを発見!
f0024097_20502851.jpg
王侯貴族での社交場として発展した欧州競馬ですが、上記のおぎやはぎのタキシードやおしゃれ帽子をかぶった女性のようなフォーマルな格好をしなければいけないのかといえば、そうでもありません。以下のように、日本の競馬場でよく見かけるおっさん集団もいるので、フツ―の格好で観戦することができるので、ご安心を。
f0024097_205746100.jpg


さて、凱旋門賞のオルフェーヴルは、18番枠を引き、一番外枠である18番枠での阪神大賞典の逸走、天皇賞(春)の凡走の悪夢がよぎる・・・奈何せん、外枠発走が気になるところ。凱旋門賞自体も内枠が断然有利と言われるレースとロンシャン競馬場にいた競馬通の日本人から盗み聞く。
f0024097_2143293.jpg
馬場入場では超がつくほど落ち着いていました。有馬記念のときのような威圧感まで感じられましたので、期待感は最高潮にまで高まります。
さて、スタートしてやはり外枠スタートのため後方からの競馬。天皇賞(春)のように不発に終わらないのを祈るばかり。帯同馬のアヴェンティーノ陰ながらの支えもあり、無事に名物フォルスストレートを抜けて、最後の直線300メートルを切って先頭に立つ。欧州の深い芝かつ重馬場でのあの脚の切れ味に誰もが驚愕し、初の欧州以外の馬の凱旋門賞馬誕生に日本人は期待したことだろう。もちろん、僕も胸躍らせながらシャッターを切っていた。
f0024097_21112498.jpg
しかし、残り50メートルあたり、スピードが落ちたところで、見事に日本でおなじみのガリガリ君を愛してやまないオリビエ・ペリエが騎乗するソレミヤにかわされてしまい、凱旋門賞制覇ならず。残念無念・・・
f0024097_21172240.jpg
僕の前までは確かに先頭だったんだよ!この写真でわかるとおりにね。
このソレミヤにかわされた時の周りの日本人の阿鼻叫喚の声は今も耳に焼き付いている。父ステイゴールド同様、横にささる癖があるようだ。まっすぐ走れれば絶対に勝てただろうし、内枠発走だったら、池添が鞍上だったら、などと色々な「たら、れば」が思い浮かぶが、夢を見させてくれたいいレースでした。
f0024097_21232353.jpg
今回、優勝したソレミヤは、次走はジャパンカップを予定しているとのこと。是非とも返り討ちにしてほしいところだが、オルフェーヴル以外にも他の国内馬に魅力ある馬がたくさんいるので、今から非常に楽しみです。個人的にはイギリスのフランケルとの対決が観たいですけど、日本に来ないのかなあ?

最後に、日本で観戦していた人たちのリアクションは、以下の動画のような感じだったんでしょうか?真ん中のサンデーレーシングの勝負服を着ている人の人間味がイイね!
[PR]
# by banri31gogo | 2012-10-15 21:43 | 旅行
日本シリーズに出れなければ、おそらく僕にとって今年最後になるであろう西武ドームに行きました。
福岡ソフトバンクホークスの先発は、攝津。
今年、初めての西武ドームも攝津で完璧に抑えられた悪い記憶しかない。
案の定、8回まで全く打てず・・・
対する西武は牧田。序盤にソフトバンク打線につかまり、「もう終わった」と思いきや、結局、完投し、中盤からは完璧なピッチングだった。それだけに惜しい試合だった。
8回裏のナカジのゲッツーと、9回裏の満塁のチャンスを生かせなかったのが痛い!

にしても、ソフトバンクは何故、最終回にファルケンバーグを出したのかが謎・・・そのまま、攝津に完封させればよかったのに。
まあ、そのおかげで、9回は楽しませてもらったんだけど。

明日からも崖っぷちなので死力を尽くして頑張ってほしい。できることなら、西武―ヤクルトで西武ドームだけでなく、神宮野球場でも日本シリーズを見たいものである。そのヤクルトも中日に負けちゃいましたね・・・
[PR]
# by banri31gogo | 2012-10-13 23:06 | 野球観戦