これは饅頭(マンドゥー)好きの仲間たちが野球等を通して、飛躍するお話。(TEAM小関野球倶楽部公式ブログ)


by banri31gogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

キズナ、有馬記念回避

キズナ、有馬記念回避の報が僕の脳内を駆け巡る!
一気につまらなくなった様相を醸し出している、有馬記念。
これで、この1年で秋GⅠ勝った馬だけでなく、クラシックの勝ち馬もいない有馬記念じゃん!
もう、完全にオルフェーヴルの独壇場じゃん!
ちなみに、オルフェーヴルの引退式は当日執り行うそうです。

このような出来事が、最近の競馬の落ち目の一つといえよう。馬場が合わない、距離が向かない、調子が上がらないとケチをつけて回避する虚弱馬が続出には勘弁だ。なんのためのファン投票なんだか。だけど、オルフェーヴルとエイシンフラッシュの写真を撮りたい自分の身としては、中山競馬場来場者が減るだろうから、いいんだか、よくないんだか、腑に落ちない感情を抱いている。
そんな中、エイシンフラッシュは、6歳にして、毎日王冠、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念という古馬3冠路線王道を突き進んでいるのは立派である。

さて、海の向こうの香港ではロードカナロアが香港スプリント連覇したらしいです。香港のスプリント戦線は超ハイレベルなので、この2年連続優勝は本当に凄いことで、凱旋門賞を勝つくらい香港スプリントを勝つのはすごいって、誰かが言ってた。なので、連覇ということは偉業とうことですな。
エイシンフラッシュも香港に招待されており、自分もエイシンフラッシュと一緒に香港入りの準備をしていましたが、エイシンフラッシュが国内宣言をしたため、香港には行きませんでした。
ロードカナロアの最後の走りは観たかったなあ。完全にサクラバクシンオーを超えたスプリント王。以下の写真は安田記念の写真。スプリントだけでなくマイルも勝つんだから凄い馬ですよね!
f0024097_22463942.jpg
今年の安田記念のゴール直後のロードカナロア号



香港カップは、完全にジャパンカップを喰ってしまったね。海外の有力馬は日本の検疫の厳しさと超高速馬場のケガのリスクにより、ジャパンカップを回避して、香港へ参戦している。
JRAもそろそろジャパンカップの存在意義と開催方法について真剣に考えるときが来たのではないだろうか。
[PR]
by banri31gogo | 2013-12-08 22:55 | ギャンブル