これは饅頭(マンドゥー)好きの仲間たちが野球等を通して、飛躍するお話。(TEAM小関野球倶楽部公式ブログ)


by banri31gogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

北千住での野球の試合について

荒川の河川敷で野球の試合だった。
グランドの質は明らかに入間の河川敷の方が上。グランドは狭く、フェンスもないので球はすぐに荒川へ飛び込むといった具合。我がチームの用具管理のズサンさではすぐに球不足に陥り、資金不足になることであろう。

そして、私がいつもおじさん達のプレーを観て感じることはおじさん達の投球フォームは皆、村山実であり、バッティングの方は藤村富美男のようである。
試合の方といえば、おじさん達と若手で試合をした。おじさん達は剛球を投げるわけでもなく、長打を打つわけでもないのに普通に強い!!とくに鉄壁名な内野の守備は今の西武以上である。球威もないのに抑えられるのはやはりコントロール。低めにさえ決まれば打たれないということを実感した試合だった。西武の投手陣も見習うべきである。こちらが盗塁を成功させることができなかったことについては牽制とクイックが素晴らしいということ。走者がリードできないので盗塁ができないのである。体力が衰えていようとも投手の技量だけでなくとも野球ができることを実感しました。我らのTEAMもこのような投手を獲得したいものである。

最後におじさん達は最近の若者は野球する奴が少ない、またはキャッチボールもできないことを嘆いていた。なので、初対面の私に対して「打撃フォームがカッコいいねぇ」などと、とても親切に接してくれた。野球を通して、色々な人と知り合えるのは結構、嬉しいものであり、野球の話ができるというのは至福の時でした。


話は変わるが、今日初めて、9時からのおはるさんのドラマを観た。なんか、つまらんドラマだな。話の主旨がよくわからん。おもろいのは要潤演じるおはるさんの兄。くだらないギャグと得意分野の話になると止まらないマニアックトークを炸裂するあたりがよい。このドラマで注目すべきは綾瀬はるかことおはるさん。そのおはるさんはお金持ちのお嬢さんなのに、性格は真面目、謙虚といった具合によくできたお嬢さんで私好みであるということ。 おはるさんはいい役をもらっていますなぁ。
[PR]
by banri31gogo | 2006-11-04 22:22 | 野球試合