これは饅頭(マンドゥー)好きの仲間たちが野球等を通して、飛躍するお話。(TEAM小関野球倶楽部公式ブログ)


by banri31gogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

エヴァンゲリオン

先日、ロボットアニメは『ドラえもん』と『新世紀エヴァンゲリオン』くらいしか観ていないと書いたので『エヴァンゲリオン』について語りたいと思ふ。

今から10年前『エヴァンゲリオン』はブームを起こしていたらしい。ただ、その頃の僕は狭い部屋に押し込まれ連立方程式やら助動詞といった今の暮らしには殆んど役に立たない知識を受験戦争に生き残るための手段としてその習得に没頭していた。テレビなどを顧ない生活をしていたわけです。とりあえず、綾波レイが人気があったことくらいは知っていたが、どんなものかは皆目、見当がつかないものであった。

時は流れて、大学入学時くらいに暇を持て余していた僕は偶然にも『エヴァンゲリオン』がケーブルテレビで放送されていたので、果たして数年前のブームは本当なのかどうかを確かめるために観始めた。最初は何気なく観ていたが、さすがは第3次アニメ革命を起こしたといわれる作品である(第1次は『宇宙戦艦ヤマト』、第2次は『機動戦士ガンダム』)。主人公の人間の心理を良く捉え、心理学用語、宗教、大東亜戦争時の旧日本を彷彿とさせる戦術、神話などが盛り込まれていて、のめり込んでしまった。劇場版まで借りて観てしまったほど。

ちょうどその頃、アメリカ同時多発テロが起き、新宿の都庁舎の地下が封鎖されることになった。『エヴァンゲリオン』の影響を受けている私はこれを機に都庁舎の地下では汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオンが極秘裏に開発されることとなり、北朝鮮がミサイルをぶっ放した時には都庁が真ん中から割れ、葛城ミサトのような女性が「エヴァンゲリオン初号機、リフトオフ!!」と指揮を執り、アニメ同様エヴァが飛び出す。そして、エヴァはA.Tフィールドを駆使しミサイルを粉砕することで住民を救うという妄想を都庁を見る度に抱くようになる。
f0024097_23345255.jpg
北側、南側のちょうど真ん中が割れ、噴射口となる気がしてならない


ちなみに『エヴァンゲリオン』の名言。私にとっての名言はいきなり第一話からのもの。主人公・碇シンジがエヴァに初めて乗り、使徒と戦う時のセリフ。
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ…。ぼ、僕がやります!!
この後にも何度か出てくるセリフで碇シンジの印象を決定付ける代表的なセリフです。
僕は嫌なこと(最近は仕事関係)があるとよく口ずさんでいる。行き詰った時にこのセリフを漏らしたり、誰かが悩んでいる時などに助言として使うとエヴァンゲリオンを観ていた人は大抵、大爆笑してくれます。

そういえば、『エヴァンゲリオン』は今年の夏から来年にかけて4部作の構成で劇場で公開される見通し。これでエヴァは完結するそうです。
[PR]
by banri31gogo | 2007-02-22 23:34 | 文化活動