これは饅頭(マンドゥー)好きの仲間たちが野球等を通して、飛躍するお話。(TEAM小関野球倶楽部公式ブログ)


by banri31gogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

俺達の宴Vol.1

何をそんなに忙しなく、何に彼らは追われているのだろう。朝は同じ電車に日々、揺られ、くだらん業務につき、安月給で働くサラリーマンたち。彼らの楽しみはもはや毎週火曜日のNHK放送の『サラリーマンNEO』を観ることと、ニコニコ動画を見ることしか生き甲斐を感じていないに違いない(俺のことなんだけど)。
しかし、日本において最も得な生き方、それがサラリーマン。俺達の両親もそうやって生きてきたし、両親も俺達にそういった人生を歩ませたがるのも頷ける。俺もそのひとり。毎月、決まった日にお給料をもらって生活する。痴漢や飲酒運転でもしない限り一生安泰。仕事でミスをしても自己保身に徹し、恥も外聞なく土下座して謝れば、会社が守ってくれる。最も得で安全な生き方、それがサラリーマン。確定申告といったことも不要。煩わしいものは、会社がみんなやってくれる。そんなサラリーマンでもやはり一応、格付けがあるわけで、いい会社に入れば、お給料も多くもらえるし、安定した老後を迎えることができる。そのレールに乗れば一生安泰、その列車はほぼ終着駅まで無事に君またはその家族を安全に運んでくれるだろう。だが、その列車に乗るにはには、「いい大学を卒業する」それがこの国の鉄則である。大学受験の際に、有名大学に合格できたかでその後の人生が決まるという不条理な世の中。社会に出れば無駄に同じ大学出身だからといって派閥を創生し、大学という枠組みだけで結束する輩ども。実にくだらない。学歴のに関する不満が多々あるがここでは省きます。
サラリーマン諸君、よく考えて欲しい。確かにサラリーマンは最も得な生き方かもしれないが、楽しいのは会社を動かしている選ばれた超エリートの人間だけ。エリートにもなれないのに生きているサラリーマンはもはや、くさった死体(俺もそうなんだけど)。ほとんどの人は、学校を卒業してからの約40年間を「安定」と「安全」のために生きているだけ。実にくだらないと思わないかい?(←この思想は下記から影響をうけたもの、文もほぼここから拝借させていただきました。)

http://www.tky-ma.net/sub/kakuur.htm

おーなーも独立したら清里でこんな事務所を開いたらどうでしょうか?

そういった不満を持っている我らは昨日、何だかんだいって社会の犬、列車に乗って生きる決意をした。しかし、それを現実逃避する手段とした野望を持とうと語り合った。題して『俺達の宴Vol.1 蒼天録』を執り行い、今後の人生プランを語り合ったのであった。俺達の野望は今、動きだしたばかりです。
[PR]
by banri31gogo | 2007-08-11 09:43 |