これは饅頭(マンドゥー)好きの仲間たちが野球等を通して、飛躍するお話。(TEAM小関野球倶楽部公式ブログ)


by banri31gogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ネクタイの存在意義

10月になってクールビズが終わり、ネクタイ着用が義務付けられた。私は欧米からスーツ、ネクタイとユニットバスを取り入れた奴は阿呆だと思っている。隣にいたら間違いなく殴っているはずだ。

上記のように私はネクタイというものが嫌いである。いったい、何なんだ、ネクタイというものは。暑いし、苦しいし、結ぶのが面倒。しかも、久しぶりなんで慣れない。ネクタイ着用によって朝の大事な時間を2分は無駄にしている。しかも、何本か揃えなければならないので貧乏人にとっては金がすぐ出て行ってしまう馬鹿馬鹿しい代物である。
ネクタイには「さあ、仕事するぞ!」という気を引き締める効果もあるらしい(ただの暗示にかかっているだけだと思うが)。そもそも、そのような発想が大嫌いな私は社会人になった一日目からネクタイを絞めることで「今日から俺も社会の犬として30数年生きていくのか」と思ったものだ。ネクタイを絞めている奴は基本的には会社や国に忠を尽くす社会の犬。電車内を見渡してもラッシュ時には同じ格好をし、ネクタイを絞めている奴ら。彼らにはもはや夢も希望もない者達ばかり。
ネクタイは飼い犬の象徴である首輪を着けられているのと似ている。そう、社会人は犬と同じ。飼い主に媚び、餌をもらう犬。つまり、会社に媚び、給料を貰い、メシを喰らう様はもはや犬と同じなのだ。電車の中は差し詰め、押し込められた保健所といったところか?そうやって、人は社会にこき使われ、一生を終えるのだ。実にくだらない生き方だとは思わないかい?

『サラリーマンNEOシーズン3』って放送しないのかな。シーズン2が終わって火曜の夜がつまらない。
[PR]
by banri31gogo | 2007-10-02 22:40 | 仕事