これは饅頭(マンドゥー)好きの仲間たちが野球等を通して、飛躍するお話。(TEAM小関野球倶楽部公式ブログ)


by banri31gogo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

国際人

国際人ということが目についたのでこれについて思うことを書く。
国際人これは単に「英語を話す→外国人と話すことができる→お互いに文化交流ができる」というくだらない三段論法が世間でまかり通っている。それは何故か?
それは産業革命がヨーロッパで起こり、イギリスそしてそれを継承したアメリカが世界を制したからに他ならない。こいつらが世界の覇権を握らなければ世界の子供たちは泣きながら英語を勉強しなくてもよかった。そしてこいつらがウェーバーの言葉を借りれば合理的精神を世界に植えつけたのだ。
そもそも、国際人という定義を教えてもらいたい。上記の論法で国際人なんていうのはちゃんちゃらおかしい。
ここで俺が考える国際人を述べたいと思う。まず、日本人であることが大前提。日本は遅れているとか、これからの日本は駄目だ、とかいって国際人を名乗っている奴はただの外国好き、もしくは外国かぶれのたわけた人物にすぎない。上記のようにこれからは英語を話さなければ国際人になれないよ、とか考えている奴も然り。国際人とはそもそも世界の人と対話するのだから自国の文化、歴史といったあらゆる教養に精通する必要がある。そう、日本の素晴らしさをアピールすることが重要なのだ。そして、外国文化に触れ合うことで日本の文化を吟味できる知性も必要なのだ。ただ、外国人とたわいもないことを話すだけでは国際人とはいえない。観光で旅行するのも同じ。日本には素晴らしい情景がたくさんある。これは俳句という文化を生み出した松尾芭蕉の『奥の細道』での俳句一句一句を読むだけで美しい情景を思い描ける。5・7・5でその情景を想起でき、情緒を感じることができるのは日本人だけらしい。日本人以外の民族は俳句をみて「だからどうした?」としか思い浮かばないくだらん連中なんだ。ただ、最近の日本人は上記の感情を持つ者が多くなってしまった。それも英・米の合理的精神のせいであろう。こういったこともわからず日本を海外に語るのはやめて欲しい。恥をかくだけだ。日本の長年培った歴史に泥を塗っているのと同じだ。

何が言いたいかというと安易に国際人という言葉を使うな、ということだ。最近、この言葉が中吊りに踊っていたので腹が立ったので、怒りをここに書いてみた。
[PR]
by banri31gogo | 2007-10-10 23:59 | 愚考